• home
  • レンタルサーバーリスト
  • 選び方
  • 失敗談
  • キャンペーン
  • キャンペーン

レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーの容量

レンタルサーバーの容量は数MB~数十GBと幅の広い設定になっています。
なにを基準にどれくらいをの容量があればよいのか、説明しましょう。

レンタルサーバの容量の内訳

数多くあるレンタルサーバーの中でも一番わかりやすいスペックがサーバー容量ではないかと思います。
容量というのはデータを記録できる容量になりますが、どの程度あればよいかの使い方によるので一概にどの程度あれば良い、と言い切るのは難しいところです。

というのも、この容量の中にはWEB用のスペースだけではなく、メール受信BOXの容量も含まれていることがあるからです。
独自ドメインをを使ったメールアドレスを作成する場合、そのメールアドレスを利用する人数によってはあまり少なすぎる容量だとすぐに埋まってしまうことがあります。

単純にWEBに限っていえば、こちらも使い方次第でありますが、100MB~200MBあれば個人で使用する分には問題ないでしょう。
もっとも、重たい画像をたくさん使ったり、ページ数のべらぼうに多いブログを作ったり、動画や重たいFlashを使ったりという、ヘビーな使い方を想定している場合はこの限りではありません。

レンタルサーバーが提供している容量について

また、最近のレンタルサーバーの容量はロリポップ!や、さくらインターネット低価格体の個人向けレンタルサーバーでも200MB以上という余裕のある設定がされています。
さらにオプションで容量の追加ができる場合が多いので、サーバーの容量が少なすぎるということはあまりありません。

ただし、ログデータをサーバーにずっとおいておいたり、大きいデータの受け渡しをサーバーで行ったりすることもあります。

特にアクセスログは、削除しない限りずっとログデータを取り続けるものがほとんどです。
このログデータを削除すると、削除された期間はサーバー上での解析結果を見ることは当然できなくなります。
アクセス数に比例してログデータは重くなります。

そういった直接ホームページとは関係のないデータをサーバーにおく事もありますので、可能な限り余裕のある容量を選ぶのが賢明です。

結局どのくらいの容量があればいいのかと言えば、最初に戻りますが使い方次第ですね。
自分のやりたいことを見極めて、適切な容量を選びましょう。

本文で紹介したサイトリスト

ロリポップ!:月額263円~利用できる共用レンタルサーバー

さくらインターネット:月額125円~の共用レンタルサーバー

Index | ヘテムル »

トラックバックURL:http://www.start-point.net/mt/mt-tb.cgi/34