• home
  • レンタルサーバーリスト
  • 選び方
  • 失敗談
  • キャンペーン
  • キャンペーン

レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーの種類

専用サーバー、共用サーバー、VPS(仮想専用サーバー)の概要を説明します。
それぞれのサーバーインは特徴がありますから、利用目的に応じたサーバーをレンタルするのが一番です。

レンタルサーバーには大きく分けて3種類のサーバーがあります。
専用サーバーというものと、共用サーバーと言われるもの、VPS(仮想専用サーバー・バーチャル・プライベート・サーバーの略)と呼ばれる3種類に分かれます。

専用サーバーの概要

専用サーバーというのは、サーバー1台を丸々レンタルして使うことのできるサーバーです。
その特徴は、サーバーでできる自由度とレンタルの料金が違います。
サーバーにはアプリケーションをインストールすることで利用できる機能を増やすことができるのですが、共用サーバーの場合は、サーバーの管理会社がそのアプリをインストールしていないと利用する事ができません。

専用サーバーなら、ユーザーサイドでそのアプリケーションをインストールすることができるので、カスタマイズの自由度が違います。
しかし、自由度が高いといってもその機能を使いこなすだけの知識がないと宝の持ち腐れになります。

また、専用サーバーならマルチドメインといって、複数のドメインを一台のサーバーで管理することができる場合がほとんど。(共用サーバーでも利用可能なサーバーもあります)

サーバーの安定性という面では専用サーバーが理論的に言っても一番。
共用サーバーとは違い、一台のサーバー領域を利用するため、他人の負荷状況に影響されないためです。(とはいってもレンタルサーバーなので管理会社のサーバー本体が落ちれば落ちます)

いろいろとメリットがある専用サーバーですが、価格が高いのとそれを使いこなすだけの知識が必要ということが一番のキモですね。
ターゲットは企業などの商用サイトで利用されることがほとんどです。

共用サーバーの概要

次に共用サーバー。
こちらはの一番の特徴は、やはり価格が安い、ということ。
なぜに安く利用が可能かというと、その名が示すとおり、多数の人たちとサーバー領域を共有してつかうため。

自分とは関係のないところで、プログラムが暴走していたりすると、同じ領域に設定されている人間にも危害が及ぶことがあります。
そのため、高負荷のプログラムなどの利用制限が設けられている事がほとんど。

また、転送量に制限がもうられていたりもします。
これはどういうことかというと、一言で言えば人気のありすぎるサイトの場合、追い出されたりします。

先に書いたように負荷のかかるサイトは、ほかのお客さんにも影響を及ぼしてしまうため利用ができなくなってしまうことがあります。(転送制限無制限と書かれている場合は大丈夫です)
とはいうものの、それほどの人気のあるサイトを作るほうが難しいですが。

共用サーバーの特徴は、手軽に利用ができるいうことですね。
月々数百円からレンタル可能で、ほとんどの場合アフィリエイトはもちろん、商用利用も可能です。
共用サーバーと一口にいっても価格体や機能面では様々な選択肢があります。
コスト的にも機能的にも一番レンタルサーバー会社が力を入れているのがこのタイプです。

VPS(仮想専用サーバー)の概要

最後にVPSサーバー(仮想専用サーバー)の場合。
なんだかよくわからない名称ですが、簡単に言ってしまうと、専用サーバーの自由度をもちながら、低価格で利用が可能な共用サーバーの事です。
大容量のサーバー領域をもちつつ、カスタマイズがOKなレンタルサーバー。

専用サーバーに比べ、金額的には半額以下の場合が多いですね。
専用サーバーにするにはちょっとコスト的にも技術的にも早いけど、共用サーバーじゃちょっと物足りない。
そんなときにはこのVPSで決まりです。

« メールアドレス | Index | さくらインターネット »

トラックバックURL:http://www.start-point.net/mt/mt-tb.cgi/35