• home
  • レンタルサーバーリスト
  • 選び方
  • 失敗談
  • キャンペーン
  • キャンペーン

レンタルサーバーの選び方

落ちるってなに?

レンタルサーバーを借りる際に気になるところが、サーバーの安定稼動。 安定稼動って何をさしているのでしょうか。

サーバーが落ちるってなに?

レンタルサーバーを探していると、あのサーバーはよく落ちる、という書き込みを見ます。
サーバーが落ちるというのは、一言で言うと、接続できない状態になることをさします。
エラーページが表示されてしまったり、表示されるまでに時間がかかり、タイムアウトになったり…。

ページを閉鎖したわけでもないのに、なぜホームページが見られなくなってしまうのでしょうか?

サーバーが落ちる理由

サーバーが落ちる理由は様々あります。
たとえば、サーバーのホスティング会社に停電が起こったり、サーバーの電源が何かしらの原因でおちてしまえば、サーバーが落ちます。

また、パソコンを使っていて突然フリーズすることがありますが、レンタルサーバーの会社でも同じようなことがおきることがあります。

また、共用サーバーの場合、同じサーバーにいる他のユーザーがプログラムを暴走させたりして、サーバーに高負荷がかかり、サーバーが落ちるということも。

またまた、閲覧者側がいっせいにF5キーを連打するなどの、悪意のあるアクセスを受けてとまってしまったりと、その原因は様々。

そういったことを未然に防ぐよう、ホスティング会社では様々な努力を行っているのですが、落ちるときはどんなサーバーでも落ちるようです。

特定のサーバーが落ちやすいとかあるのかね

前述したとおりサーバーが落ちてしまう原因は様々。
ユーザーサイドの原因の場合、サーバー会社に問題があるとは言い切れず判断が難しいところです。

また収容されるサーバースペースによって当たりはずれがあるため、特定のサーバーでは良く落ちるけどほかのスペースでは別段気にならない、ということがあります。

そのため、一概にこのサーバーはよく落ちるからやめたほうがいい、という情報を鵜呑みにしてしまうのはちょっと危険です。

が、しかし、そういった情報は実体験に基づいて書かれている記事である場合がほとんどだと思いますので、それを無視するのも如何なものかと思います。
結論を言ってしまえば、借りてみなけりゃわからん。というのが正直なところです。

結局どうすれば?

サーバーが落ちてしまうことは仕方のないことだとして、その復旧にかけるスピードや頻度をみて選ぶのが良いかと思います。

大抵、どのサーバーでも障害情報のページというのがあるので、借りようとしているサーバーの障害情報を一度確認することをお勧めします。

但し、障害情報が多数ある=サーバーが良く落ちるとも言い切れないのでご注意を。
レンタルしているユーザー数に比例して、サーバー障害の数が多くなるのは自明の理ですから。

繰り返しになりますが、借りてみなければ良し悪しの判断は難しいところです。

« サブドメインとは? | Index | リンク集サイト »

トラックバックURL:http://www.start-point.net/mt/mt-tb.cgi/603