• home
  • レンタルサーバーリスト
  • 選び方
  • 失敗談
  • キャンペーン
  • キャンペーン

レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーの金額

レンタルサーバーを借りる時、借りた後などに発生する費用を解説します。 料金は1つの指針になりますが、それだけで選んでしまうとやりたいことが出来なくなってしまいますのでご注意を。

レンタルサーバーの料金には数百円~数万円と非常に大きな開きがあります。
サーバーの種類によって異なる場合がほとんどですが、共用サーバーだけをみても結構な開きがありあります。

サポート体制の違い

サポート
スペック表に出てこない部分として一番大きな違いはこのサポート体制になります。
低価格帯のレンタルサーバーの場合、サポートはメールのみ、という場合はほとんどです。
個人で利用する分にはさほど問題にはならないですが、商用利用を考えている場合にはここを重視して選ぶことが意外と大切です。

サポート体制には電話、メール最近ではチャットによる対応があったりと、サーバー管理会社によって様々です。

また、対応する時間も土日祝日は対応していなかったり、技術サポートはメールのみなど、様々な体制がありますので、この辺りもしっかり確認しておきましょう。

月額料金と初期設定費

レンタルサーバーの金額というのは、大抵月額料金を示しています。
※月々支払う金額ではなく、年間の利用料を12ヶ月で割った金額の場合がほとんど。

月額料金以外にも、初期設定費という費用が発生します。
これは入会時に支払えばその後は必要がなくなる料金ですが、結構バカにならない金額の時もありますので、こちらもしっかり確認しておきましょう。

また、初期設定費の場合、キャンペーンで安くなる場合もありますので、キャンペーン情報にしっかり目を通しておくことも大切です。

オプション利用に関する費用

レンタルサーバーを利用する際に、通常のプランでは利用できないけれど、オプションという形でなんらかの機能を利用できることがあります。

ディスク容量を増設したり、データベースの利用ができるようになったり。
ふっとばしたデータをサーバー側から復旧させる事が出来たり。
グループウェア(サイボウズとか)をサーバーにインストールしたり。
CMSのインストール代行をお願いできたり。

もしもこういった事が必要であるならば、そういうオプションを提供しているサーバーを選びましょう。

ドメインに関わる費用

これは正確に言うとサーバーに関わる費用ではありませんが、関連費用ということで。
独自ドメインで利用する場合、ドメインを取得する費用とそれを維持するのに管理費が発生します。
ドメインの種類(com、net、jpなど)によって維持費や取得費が異なります。

« ヘテムル | Index | メールアドレス »

トラックバックURL:http://www.start-point.net/mt/mt-tb.cgi/37