• home
  • レンタルサーバーリスト
  • 選び方
  • 失敗談
  • キャンペーン
  • キャンペーン

レンタルサーバーの選び方

SSLの意味は?

Secure Socket Layerの略称で、暗号化技術のひとつ。 カード番号や個人情報の入力時にSSLをかける事がほとんど。

SSLとはなんですか?

WEB上で使われる暗号化技術の一つです。
SSLには共用SSLと呼ばれるものと、独自SSLと呼ばれるものがあります。

共用の場合、その名の示すとおりたくさんと人と同じSSLサーバーを共用するため、SSLのかかったサーバーの場合、ドメインが変わります。

また、共用SSLの場合、証明書も他のユーザーと同じものを使用します。
もっとも、暗号化においては、共用も独自も変わりがないので、独自ドメインのままSSLをかけたい人以外は共用SSLでも十分です。

ベリサインとかジオトラストとかバナーがあるけどなに?

どの会社のSSL技術を使用しているかを証明するためのバナーです。
共用SSLの場合、無料で利用できる事がほとんどですが、独自SSLでなおかつ、こういった大手の証明書を取得する場合、結構なお金がかかります。

信頼性の求められる企業サイトを作成する場合は必須といえますが、そうでない個人サイトの場合であれば、無用の長物といえなくもないかな。

どういうときに利用するべきか?

全てのページをSSLのかかったページにすることも可能ですが、そういう必要はあまりないので、個人情報の入力が必要な場合だけ、SSLをかければよいでしょう。

アンケートフォームや、問い合わせメールフォームなど、個人情報が含まれるような場合はSSLをかけられるのならかけたほうがよいです。

逆に、SSLのかかっていない状態で、買い物をさせる(特にカード決済の場合)ようなサイトの場合は、間違ってもカード決済はしないほうが良いです。
情報を盗まれるというよりも、個人情報に対する意識の低さが問題です。

SSLの利用方法

大抵のサーバーの場合、セキュリティーのかかったフォルダが用意されており、そのフォルダにHTMLファイルをUPすれば完了します。
アップロード事態は手間ではないですが、URLが通常のページと変わるため、グローバルメニューのリンク設定が面倒だったりします。

« リンク集サイト | Index | DNS移管の話 »

トラックバックURL:http://www.start-point.net/mt/mt-tb.cgi/644