• home
  • レンタルサーバーリスト
  • 選び方
  • 失敗談
  • キャンペーン
  • キャンペーン

レンタルサーバー失敗談

SSLの設定後のリンク先

個人情報の取り扱いに関して、慎重をきす風潮の昨今、SSLの設定は必須になってきました。

SSLには2種類あります

SSLとは情報の暗号化の技術のこと。
WEB上でSSLを使う場合、独自SSLと呼ばれるものと、共用SSLと呼ばれるものの2種類がある。

役割としてはどちらも一緒。
暗号化のレベルに差はない。
なにが違うかというと、SSLをかけた後のURIが違ってくる。

共用SSLというのは、その名の示すとおり、レンタルサーバーの中のユーザーが同じセキュリティサーバー上のSSLを利用するため、サーバーが提供するURIにリンク設定を行う。

独自SSLというのは独自ドメインのhttpの後にsがつく、https、になるだけで利用ができるSSL。
独自SSLの場合、ベリサインやジオトラストなどのサーバー証明書を利用できる。
もちろん、有料で。しかも結構高い。

URIが変わるということは…

SSLをかける場合の注意点は、そのURLが変わるということ。
httpからhttpsに変わるため、SSLをかけているページから別のサイト内リンクに移動する場合は、すべてのパスを絶対パスに書き換えないとならない。

WEB製作を行う際に、この点が非常にめんどくさい。
ドリームウィーバーなどのツールを利用し、テンプレート機能などを利用していると、リンクのパスは基本的に相対パスでしているため、SSL用のテンプレートを作らなければならなかったりする。

ここで、思わぬところにあるリンクのURIが間違っていたりする。
グローバルナビゲーションのリンクはさすがに間違えないのだが、フッターリンクやページ内のリンクなどを相対パスのまま設定していたりする。

サーバーによってはhttpsのままでもリンクページが生きていたりするので、分かりづらかったりもする。
※共用SSLの場合は当然リンク切れになりますが。

SSLを利用する場合はリンクのパスの確認をしっかり行いましょう。

« WEB製作 | Index | アイル »

トラックバックURL:http://www.start-point.net/mt/mt-tb.cgi/651