• home
  • レンタルサーバーリスト
  • 選び方
  • 失敗談
  • キャンペーン
  • キャンペーン

用語集

プロパゲーション

プロパゲーションとはサーバー移行後におこるDNS情報の浸透期間をさす言葉。
通常は1~2週間くらいで終わる。この期間が終わる前にサーバーを解約するとえらい事になります。

プロパゲーションとは

DNS情報の変更を行った際に古いサーバーと新しいサーバーの2つがある。
当然ながらドメインは1つなので、どちらのサーバーにその情報を結びつければよいか不明になってしまい、新しいサーバーにいく場合と、古いサーバーにいくことがおきる。

無論、時間がたてば全て新しいサーバーへ集約されるが、DNS変更後の1~2週間程度の間はどちらのサーバーに到達しても良いように新・旧のサーバーを両建てにしておかなければならない。

プロパゲーションの図解

サーバーを解約してしまったらどうなるの?

先に書いたとおり、サーバー移転の際は、移転元サーバーをすぐに解約するのではなく、1ヶ月くらい両建てにしておくべきなのだが、先走ってサーバーを解約した場合はどうなるか?

メールなり、WEBなりのリクエストがDNSへ向けて発信されて、古いDNS情報を読み込んだ場合、そのメールは届かなくなる。

ここから先はちょっと推測になるので、もしかしたら間違っているかも。
リクエストに対して届け先が不明(存在しない)なため、メールの場合は送信者に対してエラーが返ると思われる。
WEB場合は404エラー(NOT FOUND )が返ると思われる。

もっとも、解約してすぐにサーバーを消滅させるレンタルサーバーもあまりないと思うので、実際は旧サーバーの方にメールが届いているというケースが多いのではないかと思う。

そういった場合は、ドメインでの接続ではなく、IPアドレスによる指定でメールの回収は可能。

プロパゲーションの終わりはどうやってわかるの?

プロパゲーション終了しました!というアナウンスはどこからも来ないので、状況をみて判断するしかない。
サーバー会社にしてみれば、DNSは変更したけど、リクエストまではいちいち追ってられないので当然なにも言ってきません。

基本的に旧サーバーの方にメールがまったく届かなくなったらプロパゲーション期間終了となる。
アカウントを作る際にどちらのサーバーのアカウントかを明示しておくと分かりやすい。

旧サーバーへメールが届かなくなったらさっさと旧サーバーは解約しちゃいましょう。

« CPI | Index | cgi-bin? »

トラックバックURL:http://www.start-point.net/mt/mt-tb.cgi/657